MENU

 ズボラで面倒くさがり屋の私だから、こつこつと仕事をするのには向いていない性格みたいです。
だから高校の時のアルバイトでほとんどやった経験がありません。
仕事は始めてもすぐ嫌になって辞めちゃうし、長続きさせることができないんですよね。
結構甘やかされていましたから、親からお小遣いを貰えていたからそれで良いやって感じだったんですけどね。
それも高校生までで終わってしまう事になるんです。
大学生になったら自分のお小遣いは自分で稼ぐようにと言われちゃって、それでも何とか食いさがって1万円だけ出してもらうことができました。
だけど1万円で今の世の中なにができるのって感じですよね。
結局お金が欲しいからアルバイトは始めるけれど、やっぱり長続きすることができない。
あっという間に仕事が嫌になって辞めてしまう、そしてまた次のアルバイトを探し、また辞めてしまう、これの繰り返しって感じでした。
こんな事やってるから当然お小遣いは少ないまま、もっと気軽で楽なお小遣い稼ぎはないかって考えるようになってしまっていたんです。
その日もお小遣いが足りなくて、ほぼ金欠状態だったのですが、友達から食事に誘われました。
お金が足りないって言ったら「食事代ぐらい出したあげるから」って事で、学食で食べることになりました。
それまでは人にご馳走するのを見たことがなかった彼女、いきなり奢るって言い出したから驚いてしまったのです。
「なにかいいアルバイトでも見つけたの?」と思わず聞いてしまったのでした。
「アルバイトって言うか、正確にはパパを見つけたって感じかな」
いきなりパパと言われてビックリ、お金持ちのおじさんの愛人にでもなったのかと思ってしまったのです。

ところがそのパパは普通のパパではなく、パパ活で見つけたパパだと言うのです。